ショーナンロケッティアズトップページに戻る


ウォーハンマー関連

過去ログ 2018


-2019.02.02-







スカルリーパー2部隊目完成!

マグネタイズでラスモンガーと換装もできやす。
マグネット仕込むのも大分慣れてきました。
単体の性能が高めなアーミーなので
そのうちスカーミッシュにでも投入したいすね。



-2019.01.03-



今年のミニチュアゲーム始めはマリフォー!
ソウさん宅でマリフォー体験してきました。




マリフォーは異次元に来訪してきた人間や怪物達が戦うため、
そのキャラクター性は豊か。
今回はその中でもなかなかユニークな印象を受けた
 新聞記者のウォーバンドを使用した。





ゲームは交互に1ユニットづつアクションを行い、
互いに全てのユニットの行動を終えたら1ラウンド終了。
基本的な進行はウォースタッフと同じだが、
1ユニット2アクション実行が可能で、
リーダーは3アクション実行できたりする。

全力移動したければ2回移動アクションすればいいし、
既にベースコンタクト中なら2度接近戦を仕掛ければいい。
チャージには専用のパラメータが設けられて
移動後2アクション分接近戦可能。
他にもフィールドに設置物を置いたり、駆除したりも
アクションで実行となる。




戦闘はキャラクター個々に設定されている
アタックアクションを実行する。
アクションに数値と相手が守備で参照すべく項目があり、
互いにトランプデッキからドローし
その数値を足して大小を比較し判定する。
このあたり、ゲームが進むと多少カウンティングできるため、
ダイスより運の要素がマイルドにされている。

しかし、ドローして比較した後、
手札からチートするかどうかも決めるため、
この辺りの判断がゲーム時間を長引かせる感がある。
毎度手札を使うか悩ましい





攻撃には直接的にダメージを負わすものから、
相手が次動いた瞬間にダメージが確定する物、
あるいは相手の手札を捨てさせたり
ユニットを後退させたり引き寄せたりするものがある。

ゲーム自体の勝利点獲得方法が多義に渡る
故に、攻撃手段も多彩だ。




なかなか面白い!!
少数のモデルで遊べると聞いていたから、
サクッと遊べる系かなと思ったけど、
AOS800〜1000p戦ぐらいの重さかな。
かなり濃厚に遊べた。
5000円ぐらいの1パッケージから遊べるため
たぶん初期費用はかなり安いと思う。
キャラクターも濃いため、そこからハマれる人も多そうでした。


















 

 ■目次■

日常
ボードゲーム制作
SRPG制作
バトルレポート
ウォーハンマー関連
FSS感想




■ラインスタンプ販売中■






■ショーナン作品通販■


・脱獄ペンギン



・イスラムの群雄



・ウサギの火星劇団




・ブラアウリア1356
 


 ・奉天1905


・ウサギの政略結婚


・国連ペンギン


・煙血鋼撃


・ウサギの黄金時代


・冷戦ペンギン


・シラストピア


・ウサギのタロット


・Point:203


・ウサギの都市計画


・戦列ペンギン


・ウサギのカレー


・蜃気楼12時間


・慈悲無き大地の大君主


・奥義伝承


・ウサギの儀式


・れーすふぉーざウサギ


・ウサギの騎士団とペンギンの軍隊



・ショーナンキャラウェア


各種ゲームの自前通販や事前予約はこちら


ショーナンロケッティアズトップページに戻る